オーディションを受けてアニソン歌手になる

アニソン歌手の夢を叶えるために受けたオーディション

私も英語を勉強していますけど、ビジネス英語も総括的に勉強できるtoeic講座1なんかはいいと思いますね。どうしても学校の勉強だけでは仕事等で直接役に立つようなものは学ぶことが出来ない時がありますけども、toeic講座なんかを勉強しておきますと自然とビジネス英語も実につきますしね。就職前に勉強しておいても損はないと思いますよ。他のライバルたちに差をつけるためにはTOEICの得点が高いほど良いでしょう。履歴書などにも書けますしね。英語の検定試験は沢山ありますけども、こちらのtoeic講座なんかが一番就職には役立つのではないでしょうか。TOEICは合否ではなくて点数で出てきますので、今の実力が一目でわかるようになっている所も人事担当者にとっては魅力だと思いますね。是非履歴書に書く為にも頑張ってみて下さい。

これから重要視されるのでtoeic講座を探す

toeicは世界約150の国で実施されているテストです。世界標準としての英語の理解力を計る指標となっています。このテストでは合格、不合格を判断するものではなくて点数によってレベルの判断がされると思ってよいでしょう。海外に留学する際などに自分がどのレベルであるかを知るのにも役に立ちます。そうなると学生が中心に受けるテストと思えるかもしれませんが、近年、企業においてもtoeicを活用しているようです。グローバル化が進んでいますので、実際にどのレベルで英語を使えるかを証明する手段となっています。つまり仕事の昇進、職務内容などにプラスに働く指標となります。そうなると英語もある程度勉強する必要があります。しかし、忙しいビジネスマンにとっては大変ですので、toeic講座を受けて効率よく点数を上げていくのが良いと思います。

英語力を試すtoeic講座

toeic講座は年に10回行われる英語のレベルを試すための試験です。受験資格はなく、誰でも受験可能です。スコアは990点満点で、点数により自分の英語の理解度が図れます。最低限のコミュニケーションができるスコアは470点で、それ以上の600点ぐらいになると企業が新入社員に求める最低限の英語が出来ることになります。就職活動で履歴書に書くときには600点以上の場合に書いてアピールしましょう。もっと本格的に730点以上になると日常会話が話せ、意思疎通ができることになります。海外旅行でも使えて便利です。860点以上の人はネイティブと同等の英語が話せる能力を持っています。このレベルになると英語を使った仕事ができ、海外支店での勤務や、翻訳家、通訳、外国人を対象にしたプレゼンテーションなども支障なくできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*